あんぎゃについて

あんぎゃは、フルート奏者の越智章文と坂本楽によって結成された、新時代のフルートデュオです。

クラシック音楽を軸としながら、これまでのフルート演奏のありかたに縛られない新しい表現を探求しています。

またレッスンや勉強会をユニットの活動として行い、音楽についてみんなで話したり考えたりできる場を作ることも目指しています。

越智章文

12歳よりフルートを始める。大阪大学卒業、大阪大学大学院博士前期課程(修士課程)を修了後、渡仏する。ヴェルサイユ地方音楽院を修了した後、ムードン地方音楽院を満場一致のトレビアンで修了。フランス、クレドールコンクールで1等賞を受賞。また、パリ市内、郊外において多数の演奏会にも出演。

帰国後は、2015年にオーケストラ「アンサンブル・フリー」とハチャトゥリアンのフルート協奏曲(ヴァイオリン協奏曲)を共演、2017年に青山音楽記念館バロックザールでソロリサイタルを開催等、精力的に演奏活動を行う。またその一方で、後進の指導にも力を注いでいる。

これまでにフルートを鈴木亜希子、大嶋義実、市川智子、工藤雅子、福永吉宏、中川佳子、ジャン=ミシェル・ヴァラッシュ、フロランス・ベロンの各氏に、室内楽を山崎たくじ、ジャン=フランソワ・ゴンザレスの各氏に師事する。

JEUGIAミュージックサロン三条講師。フルート・トリオ SOU メンバー。個人HPはこちら

坂本楽

1992年大阪府生まれ、京都大学文学部卒業。幼少期よりクラシック音楽に触れ、9歳でフルートと出会う。

高槻中・高等学校在籍中に、第60回全日本学生音楽コンクール大阪大会中学校の部 第1位、第62回全日本学生音楽コンクール大阪大会高校の部 第2位、第14回びわ湖国際フルートコンクールアドヴァンス部門 第1位など受賞歴を重ねる一方、吹奏楽やジャズの演奏経験を積む。

YMOの音楽に衝撃を受けてから、より幅広い音楽を志向するようになり、現在は多次元ロック・融解建築や、フルート三重奏・SOU、フルート四重奏・RHMSなどで演奏活動を行っている。個人HPはこちら